こはるびより日記

32歳のミニマリストのきろく。

断捨離でミニマリストになる方法【汚部屋を脱出しよう】

更新日:2020年1月11日

断捨離でミニマリストになる方法【汚部屋を脱出】

こんにちは、ミニマリスト歴10年のこはるびよりです。

今日は、断捨離を通してミニマリストになる方法を詳しく説明していきます。

 

▼こんな人に向けて書きました。

  • どうにかして、汚部屋から抜けだしたい
  • きれいな部屋にしたいけど、方法がわからない
  • 汚部屋住人だけど、ミニマリストになりたい

           

汚部屋を脱出するには

汚部屋を脱出するには

断捨離をします。
 

「断」=入ってくる要らないモノを断つ

「捨」=家にはびこるガラクタを捨てる

「離」=モノへの執着から離れ、ゆとりある“自在”の空間にいる私

断捨離® | やましたひでこ公式サイトより

 
断捨離はやましたひでこ先生が提唱したことばです。
【断捨離=捨てる】という意味ではありません。
 
難しいので、私なりに解釈してわかりやすく言うと
 
  • 家の中にものを入れない
  • 家の中のガラクタを捨てる
  • ものにとらわれない
 
という感じです。
 
では、汚部屋住人はどこから手をつければいいいのかを説明します。
 

断捨離でミニマリストへ

断捨離でミニマリストへ


汚部屋住人はまず【捨てる】ことからはじめます。

 
部屋が散らかっている人=モノの管理能力が低い。
 
自分が管理できる量を超えてモノを所持しているから、散らかって部屋がきたなくなるのです。
 
モノって量が多いほど、手間がかかります。きれいに保つのが難しい。
 
インテリアを楽しめるのはマメに掃除できる人だけです。だから、モノの管理が出来ない人は諦めてミニマリストになってください。
 
最小限のモノで生活しましょう。
 

ミニマリストになるには:モノを減らすときのポイント

ミニマリストになるには:モノを減らすときのポイント

モノを減らすときのポイントは、3つあります。

 

  • はじめる時期は余裕がある時にする
  • 場所別に1つずつ行う
  • 今の自分に期待しない
 
そもそも、新しいことを始めるときってすごくパワーが必要です。だから、風邪ひいて体調が悪い時や仕事の忙しい時期にスタートするのはおすすめしません。気持ち的にも時間的にも余裕がある時にはじめましょう
 
次は、場所別にモノの選別をしてください。
 
本当はモノ別がいいんです。モノ別というのは家中にある服を全部出してきて、いるか要らないかを判断する方法です。
 
しかし、モノ別はある程度へやが綺麗な人向けの方法です。汚部屋の人は家中の服がどこにあるのか、わからない可能性が高いですね。そして、(たぶん)服を全部出すスペースがない可能性も高い。私はそうでした。
 
だから、最初は場所別に捨てていきましょう。
 
  • 机の引き出し
  • トイレ
  • 洗面所
 
などの狭いスペースからやっていくのがおすすめです。
 
ここで大切なのは今の自分に期待しないってことです。
 
だって、汚部屋の人がすぐに綺麗な部屋になるわけないじゃないですか。
捨てられないのも、リバウンドするのも普通です。失敗してもOK。 
 

そもそも、そんなに上手くいくなら最初から汚部屋になってないよね。

 
私も最終的にきれいな部屋を保てるようになったのは、断捨離をはじめてから半年後です。当時は実家に住んでいたから、たった6畳の一人部屋なのに半年もかかりました。
 
断捨離は捨てて終わりじゃないから、捨ててからモノと向き合うことがはじまります。部屋の中に入ってくるモノの管理が一番重要で、一番むずかしい。
 
何を持つのか持たないのかを自分でしっかり判断して、手放す時はすぐに手放せる状態になるまで断捨離は続きます。長期戦です!!
 

潔く捨てよう:ゴミも、汚い部屋も 

潔く捨てよう:ゴミも汚い部屋も

断捨離で一番辛いことは、いるかいらないかの判断です。これもモノが多いほど判断する回数が増えてよりしんどくなる。だから、汚部屋住人はしんどいです。
 
私はいらないと判断したモノは、人に売ったり譲ったりせずに捨てていました。売ったり譲ったりできる余裕がある人は多分汚部屋にならないと思います。
 
とくに汚部屋住人の人は、売ったり譲ったりする手間が面倒で放置になる未来が見えるので、最初はもったいないという気持ちを我慢して捨てるのがいいと思います。
  

断捨離のモチベーションの保ち方

断捨離のモチベーションの保ち方

私なりのモチベーションの保ち方を紹介します。
 
方法は簡単です。
断捨離した場所の写真をケータイの待受にするだけ
 
例えば、引出し一段をきれいにしたらその状態の写真を撮って待受にします。トイレならトイレの写真の待受。こうすれば絶対に目に入るから、モチベーションを保ちやすくなる。
 
そして、SNSやミンチャレなどのアプリを利用して、ミニマリストや断捨離中の人とつながって誰かと一緒に頑張ることがいいと思います。
 
 

いろいろ頑張ってそれでも、ダメだったらどうしたらいいの?

 
その場合は、一旦あきらめて業者にたのみましょう。お金がない人はシルバー人材センターに相談してみるのがいいと思います。比較的安価で掃除をしてくれます。
 
部屋がきたない→メンタルが病む→もっとゴミがたまって部屋がきたなくなる
 
の負のループを断ち切って、新たなスタートを切るのがいいと思います。
 

まとめ

自分はモノの管理能力が低いことを自覚する。
 
そして、自分が管理できる量までモノを減らすことを目標にします。
 
断捨離のポイントは
 
  • はじめる時期は余裕がある時にする
  • 場所別に1つずつ行う
  • 今の自分に期待しない
 
断捨離を続けるコツは待受写真にして誰かと一緒に頑張ること。以上です!!