こはるびより日記

32歳のミニマリストのきろく。

運動嫌いでズボラな私が筋トレを習慣化できた理由【ダイエット】

 

 こんばんは、こはるびよりです。今日は私が筋トレを継続できているコツのようなものを書きます。私は子どもの頃から運動が大嫌いで、ずうっと運動を避けて大人になった人間です。高校を卒業した時はもう体育をしなくていいんだ!!とかなり喜んだ記憶があります。笑

          f:id:kohalbiyori:20191213155012j:plain

 

 そんな私でも今年やっと筋トレを習慣化することに成功しました。ズボラで子育て中の私でもできた方法なので、きっと誰かの役にたつと信じてありのままを書きますね!実際に利用したパーソナルトレーニングや習慣化のプロセスを公開しているので、良かったら最後まで読んでください♡

環境作りで習慣化できるかどうかが決まる

 筋トレ以外のこともそうですが、新しく始めることを継続させるには環境作りが大切です。私が考える環境作りとは自分の意志に頼らないでも自然と体が動く状態を構築することです。この理由は簡単で、人の意志は長くは続かないからです。過去の私はダイエットや筋トレをはじめて最初の2ヶ月程はみなぎる闘志でモリモリ頑張れていました。それでダイエットに成功したことも何度かありました。でも、その後に継続できなくて必ずリバウンドしちゃうんですよね。皆さんもそんな経験ありませんか?


 だから、人間の意志に頼るのはちょっとよくないんですよね。一部の人以外はそんなに長くモチベーションを保てないと思うからです。私も含めて人間って弱いです…でも、大丈夫!!その解決策として出てきたのが環境作りです!!この環境をうまく整えることができたら、きっと継続できます!!

 

         f:id:kohalbiyori:20191210132406j:plain

 

 その継続できる環境とは、習慣化したいことをすぐに取りかかれる環境です。例えば、ジムが家から1分の場所にあるのと家から30分の場所にあるのでは、ジムへ通うハードルが違いますよね。これは極端な例だけど、ジムの近くに引っ越しをして筋トレの継続化を狙うのはかなり効果的だと思います。


 こんな感じでまずは筋トレを行う場所と時間をよく考えてください。あなたが筋トレを実施しやすい場所はどこですか?あなたが筋トレを行うのに一番適した時間はいつですか?この時は自分を軸にして考えてください。基本的に筋トレは朝に実施した方がいいと言われていますが、「自分は朝が苦手だ~ゆっくり寝たいし、朝は時間がないから!!」と思っているなら夜でもいいんです。筋トレをする時間も食後2時間がいいとか食前がいいとか色々ありますが、自分が実施しやすい時間でいいと思うのです。

 

           f:id:kohalbiyori:20191210132414j:plain


 私の例を出すと、小さい子どもが2人居てジムには通えないので家でできる筋トレを頑張ろうと決意します。そしてズボラでミニマリストな私は道具を持ちたくなかったので、家でできる自重筋トレを選びました。筋トレを行う時間は、昼間は子どもの状況に振り回されるので子どもが寝ている朝か夜の時間に実施しています。

 もちろん、これは実施しながら考えればいいのです。私もここにたどり着くまでに色々チャレンジして失敗しています。「子どものお昼寝の時間に筋トレをしてみたけど、毎日同じ時間じゃないから向いてないなー」とか「お昼寝の時間には他にやりたい家事があるからこの時間は筋トレには使えないなー」みたいな感じで自分に合わせて場所と時間を考えていくのが大切です。


プロに学ぶのがゴールまでの最短距離


 さて、ではさっそく筋トレを習慣化していく本題に入ります。私は筋トレについては本を沢山読んで勉強していましたし、腰痛のリハビリの一環で整形外科の理学療法士から指導を受けたこともありました。ただ、それだけだと何をしたらいいのかわからなかったんです。本を沢山読んでも入ってくる情報が多すぎて混乱しちゃってたから。

 そもそも人って今から進む道が正しいと分かっていないとなかなか進めないと思うのです。だから、背中を押して貰う意味で私はプロに習うことにしました。実際に私が筋トレを習ってみて、結局素人が学ぶにはプロに習うのがゴールまでの最短距離だと感じました。もちろんお金や時間の制約で難しい人もいると思うけど、今失敗している人は真剣に習うことを考えてみてもいいんじゃないかな。

 ここで大切なのは筋トレが習慣化するまではそのプロの先生のことを信じて素直に従うことだと思います。やっぱり迷いがあるとなかなか続けられないと思うから。まずは一人の先生を信じて3ヶ月ほどやってみるのをオススメします。

 

bodyquest.jp


 じゃ、ここで私が使ったサービスを紹介します。私は子どもが居てジムには通えなかったので、家でできるオンラインパーソナルトレーニングを選びました。確かここを選んだのは、運営者であり代表トレーナーの方をたまたま読んだ本で知ったからです。Google検索したら結構老舗だったみたいで、値段も3ヶ月で28000円と何とか手が届く範囲だったのですぐに申し込みました。実際にジムに通ってトレーニングを受けるのとはかなり違うけど、それでも今の私ができる精一杯の取り組みだと思って一生懸命頑張りました。

 ここは、最初に提出する情報に合わせて一人一人何の筋トレをしたらいいのか個別のメニューを考えてくれます。なので、時間がなくて運動が苦手な自分でも継続しやすい少なめのメニューということをお願いしてメニュー作成してもらいました。そしてそのひとつひとつのメニューの動画を見ながら真似して実施していくという感じです。

 このサービスのよかったところは何回でも質問していいところと嫌いなメニューがあったらそれを他のことに変更してくれたり、実施状況によってメニューを追加してくれるところです。私はここで作って貰ったメニューを今も継続してやっています。最初に(ちょっとお金はかかったけど)地図を手に入れたので迷わずに行けるって感じですね!やっぱり本よりも動画の方がわかりやすかったし、トレーナーの方が優しくて質問と言う名の愚痴や弱音を受け止めてくれたから初心者でもかなり筋トレしやすかったです。なので個人的に筋トレ初心者の方にオススメです。

 

          f:id:kohalbiyori:20191213161120j:plain

 

 今は無料でYouTubeから筋トレを学べるし、個人契約のパーソナルトレーナーでお安く見てもらえるいい時代ですね。なので自分に合わせてサービスを選んで使っていくのがいいと思います。あたり外れがあるかもしれないけど、独学でうまくいかなかった人はここでケチらずにお金を掛けることが筋トレを習慣化する近道だと思います!!なので失敗している人は一度有料のサービスを検討してみてください。

 

完璧主義にならない

 では、ここで今回の記事の核心にいきます。習慣化をするために一番重要なことは完璧にならないことです。これは過去の私もそうなんだけど、習慣化出来ていない人の多くが躓いている部分だと思います。人は何事も最初から完璧にこなすことはできません。それなのに、筋トレ初心者が最初から複数のメニューをこなそうとしたり、筋トレと同時に食事制限もしちゃったりしていませんか?そういう頑張りができるのはやる気がみなぎっている最初の数ヶ月じゃないかなーと思います。


 みんな、無意識のうちに今の自分に期待しすぎなんですよね。期待するのは未来の自分でいいのに、自分ならやれる!!と思って最初から高いハードルを設けてしまう。だから、まずはじめに目標にすることのハードルを下げた方がいいです。

 

         f:id:kohalbiyori:20191118162927j:plain

 

 筋トレならスクワット1回でいいし、ダイエットなら体重計にのることからでいいんです。だって私たちって常にモチベーションが高い訳でもないし、風邪ひいたりして体調悪い日もあるし、仕事やプライベートで落ち込んだりする日もあるでしょう。でも、そんな日でも続けられるのが習慣化できてるってことですよね。だから、歯磨きをするような感覚で何かを習慣にしようと思ったら、そういうしんどい日でもできるくらいにならなきゃダメなんです。なので、最初のハードルを低くして続けること習慣化のコツを摑み、少しずつ自信を重ねて、時間をかけて自分が理想とするメニューを習慣化すればいいと思うのです!!過去のブログ記事でも同じことを書いているけど、私が筋トレを気をつけていることは…

 

★まずは続けることが大事
★生理の一番辛い日や熱が38度あっても実施できるレベルのメニューから始める
★メニューを増やす時は1つずつ
☆体だけじゃなくてメンタルも同時に鍛えてると強く意識する

 

 この4つです。やる気ってのは行動してはじめて湧いてくるものだから、ファーストステップを小さく設定してとにかく実施することに重きを置いています。そして、私は『今の弱い私』を受け入れているから、メニューを増やす時は私らしく1つずつです。とにかく小さいことでも続けることで自信がつきます

 

 そして、少し自信がつくと今の自分を客観的にみれるようになってきます。だから、『今日は○○のメニューが出来なかった』っていう事実があっても「今の自分なら仕方ないなー」とか「△△が原因だったんじゃない?」とか冷静に分析できるようになってきます。

 

 以前の私なら、「あーできなかったからもう終わり!やーめた!!」ってとっても極端な思考だったけど、ふんばる力がでてきました。これは私が筋トレを続けて自信がついてきた結果、体と一緒にメンタルも鍛えられて我慢できるようになったからなんです。そして、続けてきたからこそここで諦めるのは勿体ないと体でわかっているからなんだと思ってます!!

 

           f:id:kohalbiyori:20191127103833j:plain

 

今の自分の生活に組み込んでいく

 次に筋トレをどうやって自分の生活の中に入れていくかを説明します。習慣化するときは普段やっていること+αで新しいことを取り入れていくと上手くいきます。具体的にいうと、服を脱ぐついでに体重計に乗るとか歯磨きしながらその場で足あげをする等です。

 

 ちなみに私は朝起きてすぐトイレにいきそのあと洗面所へ行って顔を洗うことがルーティーンとなっています。なのでトイレに行ったあと洗面所の手前にある(我が家的には広い)玄関ホールで毎朝スクワットしています。

 

・朝起きる→トイレ→洗面所で顔を洗う
・朝起きる→トイレ→洗面所手前にある玄関ホールでスクワット→洗面所で顔を洗う

 

 こんな風に自然に生活の中に入れていくと1ヶ月後には体が自然とその行動をするようになってきます。ここでのポイントは今の生活に合わせることです。生活スタイルって日々変わっていくものだし、習慣も年々変化していくものです。今の生活スタイルが一生同じなんてことはないんですね。だから、その時その時の生活に合わせて筋トレの実施方法や実施場所を変えていきます。そして継続できなかったらきっと何らかの問題(場所が悪い、時間が悪い、メニューが多すぎる等)があるので、自分の頭で考えて修正を繰り返していかなければなりません。ここはパーソナルトレーナーの方は考えてくれないので、自分で考えていかないといけないんです。

 

         f:id:kohalbiyori:20191210134000j:plain


孤独に頑張るのもあり

 何かを頑張る時に誰かと一緒に頑張るとモチベーションがアップしていいですよね!でも、私は筋トレに関しては孤独に頑張りました。みんチャレなどの習慣化アプリに登録したこともありますが、やっぱり一人一人実施しているメニューが違うし、やりました!!っていう知らせがうっとうしくて私には合いませんでした。SNSも今は使っていますが、筋トレを始めた頃は一切していなかったで最初の3ヶ月だけオンラインパーソナルトレーニングの先生と一緒に頑張り、そのあとは一人でもくもくと取り組みました。

 一人でやるっていうのは自分で決めて行動して、うまくいかなったら自分に相談して、修正してを繰り返す行為です。これは筋トレに限らず人生においてかなり重要なスキルだったなって32歳になってはじめて私は気付きました。自分の頭で考えるってなかなか出来ていないですよね。今の私も不十分だと思うけど、これ出来ている大人って意外と少ないんじゃないかな?だから、誰かと一緒に頑張るのもアリだけど一人で頑張るのも自分の頭で考えるスキルが身につくのでオススメです。

 

まとめ

 筋トレしやすい環境を整えて、最初は低めの目標からはじめて、筋トレを自然に今の生活に組み込んで自分の頭で考えて行動を繰り返していくと筋トレを習慣化できると思います。今日はこれでおしまい!なんか、伝えたいことの三分の一も伝えられてないような…。反省します!じゃ、また明日も見てね~~♡