こはるびより日記

32歳のミニマリスト主婦のブログ(n*´ω`*n)

私がミニマリストになりたい理由

 こんばんは、こはるびよりです。今日は私がミニマリストになりたい理由を書きたいと思います。

シンプルに生きる―変哲のないものに喜びをみつけ、味わう

シンプルに生きる―変哲のないものに喜びをみつけ、味わう

 
  ミニマリストという存在を知ったのはドミニック・ローホーさんの「シンプルに生きる」を読んだときでした。発売してすぐに読んだので結構昔ですね~2010年か。この本は少ない持ち物で丁寧な生活をしたらQOLが上がるよっていう本です。今は日本にもミニマリストが増えてミニマリスト本も沢山ありますが、私は迷ったらいつもこの本に戻ってきちゃう。それくらいミニマリストの本質をおさえたような教科書のような本です。私が憧れるミニマリストの一人です。 
 
 でも、最初は憧れというより何かを変えたくてモノを減らしました。ちょうどこの本を読んだ時は自分が最高に落ち込んでいた時でした。大学を休学して毎日死にたいと思って泣きわめいていた時だったから「これでいつでも自殺できるわ!身辺整理しとこ!!」というような超後ろ向きな気持ちでした。
 
 本を読んで何をしたかというととっても単純で、部屋にあるものをほとんど捨てました。割合でいうと8割くらい捨てました。多かったのは服と雑誌や漫画本でした。その他に小さい頃の写真や友達からもらった手紙、卒業文集すらも捨てました。だって私が死んだ後誰かに見られたら恥ずかしいと思ったから。結果的に私はモノを捨てることで自由になれました。過去のたくさんの失敗と何も許せなかった自分も一緒に捨てて、本当の意味で自由になれたから。

 

ミニマリストになりたい理由

 今は子どもがいることもあって、自分の時間が欲しくて家事の効率化に力を入れてて『ズボラで家事全般が大嫌いだから楽したい→モノが少ないと家事も楽!』ってことであらゆることのシンプル化を目指しています。結論から言うと、好きなことにだけに集中して生きていたいってことですね。子どもがいると難しいところもあるけれど、試行錯誤しながら暮らしています。